読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白百合分会

私達は「株式会社白百合クリーニング(ラビット21)」で働く労働者によって構成された労働組合です。たくさんの改善要求により、2014年7月に結成しました。組合活動の様子をお伝えするためにこのブログを活用していこうと思います。

2015年2月13日(金) 第9回 団体交渉より

団体交渉

引き継ぎ時間について。

 会社側の回答いろいろ。引き継ぎは連絡ノートのみで行い、口頭では必要ない!?

早番は14時半(場所により15時)にすぐ帰り、遅番は14時半から入るように。

今までのような「お金を合わせて引き継ぐ」ような事はしなくていい。

むしろ、するな。

お金数えるのにそんなに時間がかかるの?数十秒で分かるでしょう!

連絡事項があれば連絡ノートに書けばいいじゃない。

 

早番が帰ってから、お金に過不足があったらどうするのか?

常に合わないの?

着替えてる間に分かるでしょう?(それで話しかけられたら労働時間ですよ。)

合わなかったら不完全履行(※不完全に実行されたの意)だからね。

 

だからその為に引き継ぎが必要じゃない?

メモを取っておけば引き継ぎは出来るでしょう。

 

店舗の受付スタッフの皆さん

連絡ノートのみで、従業員同士のコミュニケーションもなく、

作業やクレームの引き継ぎが出来ますか?

連絡ノートを記入する時間はありますか?読む時間はありますか?

私達は間違いが起こらないようにと連絡ノートと口頭でのやり取りをして、

事故のない引き継ぎを心掛けているのに、それは必要ないと会社は言います。

「それが正しいやり方だと思ってますか?」と質問したところ、

「正しい正しくないは関係ない、そういう風にやるべきだと言ってるの!」

との回答を頂きました。

間違ったやり方でも会社が決めた以上やるべきなんだそうです。

 

如何でしょうか。

2時間半近くあった団交の、まだ最初の20分くらいの内容です。

続きはまた次回。

 

皆様のご意見、ご感想、お待ちしております( ̄▽ ̄)