読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白百合分会

私達は「株式会社白百合クリーニング(ラビット21)」で働く労働者によって構成された労働組合です。たくさんの改善要求により、2014年7月に結成しました。組合活動の様子をお伝えするためにこのブログを活用していこうと思います。

団体交渉で変わった事①有給休暇取得率アップ!  

 組合が団体交渉で申し入れるまで、白百合クリーニング、白百合21、ラビット21では、労働者の権利として、パートでもアルバイトでも有給休暇日数が労働基準法で決まっていて、その日数を使えることすら知らされていませんでした。このためほとんどの人が取得していない状態でした。白百合クリーニングの受付店舗では、週あたりの労働日数が雇用契約書に定められていないので、パートさんの有給休暇付与日数がわかりにくいですよね。組合は、雇用契約書に週の労働日数を明記することを再三求めていますが、会社の回答は「前年の労働日数に応じて付与します」ということです。  有給休暇は入社して半年経つと取ることができます。  白百合クリーニングでは、その半年分の出勤日数を二倍した1年間の労働日数に応じた有給休暇日数を取ることができます。入社1年半の方であれば、入社してから半年経った後の、1年間の労働日数に応じた日数です。  日数はこちらのホームページで確認してくださいね。http://zsantama.org/pg178.html  

 労働基準法を読むと、「所定労働日数の8割の出勤」という条件が書いてありますが、白百合クリーニング受付店舗では、そもそも所定労働日数を定めないという会社回答なので、この条件はスルーして構いません。  それでも、自分の1年間の労働日数がわからない、使える有給日数がわからない場合は、会社に聞くと教えてくれるということです。  会社に聞きづらいとか、有給休暇を取ろうとしたら嫌なことを言われた、なんてことがありましたら分会へご相談ください。